【任意保険】自動車保険の加入 最低限抑えておきたいポイント

車を初めて購入したり、増車した時は新しく任意保険に加入しなければいけません。新車でも中古車でもそれは変わりません。しかし、任意保険の金額は安く抑えたいですよね。最低限抑えておくべきポイントをご紹介させて頂きます。

 

【任意保険】最低限抑えておきたいポイント 保障内容

結論から申し上げますと…「人身傷害3,000万円・対人賠償無制限・対物賠償無制限」これが最低限のラインです。これだけつけておけば、相手がいる事故で十分な補償が下りないということは少ないです。

車両保険はもちろんつけた方がいいです。しかし、金額や車両の状態によって外すケースもあるので最低限のラインからは除きました。上記の最低限の保証の場合は、自分の車を修理する金額は下りませんので自己負担になってしまいます。

今回は特約は省き、基本の4つの補償について各項目ごとにもう少し深掘りしていきます。

 

人身傷害

引用:損保ジャパン日本興亜公式HP

人身傷害は自分、もしくは契約した自動車に一緒に乗っていた人の怪我の治療費を払ってくれる保険です。亡くなってしまった場合も含みます。純粋な治療費のみでなく、休業損害や遺失利益・精神的損害等も対象になります。

3,000万円から5,000万円に補償内容をアップさせてもあまり金額が変わりません。後遺障害を負ってしまった場合は、最大で設定金額×2倍の補償が下ります。人生100年時代と言われる昨今なので、補償は5,000万円にしておくことをおすすめします。

 

対人賠償

引用:損保ジャパン日本興亜公式HP

対人賠償は相手の怪我に対して補償が下ります。内容に関しては人身傷害に似ています。「人身傷害は3,000万円を勧めていたのに、どうして対人賠償は無制限なの?そこまで必要なの?」そう感じた方もいるのではないでしょうか。

理由はいくつかありますがどれも簡単です。過去の対人賠償の支払い金額の最高額が5億843万円だから。相手が死亡、重度の後遺障害が残ったケースは余裕で数千万円かかるから。相手に十分な支払いが出来ずに、さらに迷惑をかけてしまうから。

過去の最高額のケースは、相手が開業医で高所得だったという理由もありますが驚きの金額です。他にも数億円の支払いが必要となった事例は多くあります。事故の相手がどんな仕事についているか、所得がどれくらいかなんて事前に分かりませんよね。なので、対人賠償は無制限をおすすめします。

 

対物賠償

引用:損保ジャパン日本興亜公式HP

対物賠償は、相手の車や衝突して壊れた物に対して補償が下ります。こちらも無制限をおすすめします。「相手の車を直すのに、そこまで大きな金額がかかるのか?」と思ったかもしれません。相手の車は1台とは限りません。お互いぶつかった衝撃で対向車線にはみ出したりして何台も巻き込む大きな事故になる可能性があります。

もっと恐ろしいケースが、電車と衝突してしまった。お店突っ込んだ。積み荷を積んだトラックと衝突し、横転して商品が全部ダメになった。などのケースです。これらは過去に1億円以上の高額損害賠償が必要になった事例です。

支払い能力を超える賠償責任が発生する可能性があるので、無制限をおすすめします。

 

車両保険

引用:損保ジャパン日本興亜公式HP

車両保険は、自分の車を修理するための費用が下りる補償です。任意保険を検討する際に、多くの方を悩ませている項目です。なぜなら、車両保険の有無により金額が大きく変わってくるからです。ざっくりとしたイメージですが、「一般条件の車両保険をつけると保険料が2倍」「車対車・限定危険の場合は1,5倍」になります。

大きく保険料を下げようとすると、車両保険を外すのが手っ取り早いですがおすすめしません。ただ、つけていなくても自己負担で急な出費にも対応できる方。車が古いので何かあったら乗り換えると割り切っている方は外してもいいです。

車の運転に自信がなく、自損事故で電柱やガードレールにぶつける不安がある方は一般条件を選びましょう。車両保険をつけたいけど、費用が…という方は自損事故は諦めると割り切ってでも車対車・限定危険をつけた方が安心です。

台風で物が飛んできて車にぶつかった、高速道路を走っていて飛び石でフロントガラスがひび割れた、屋根雪が落ちてきて車の屋根が凹んだなど様々な状況で車両保険は使用できます。

古い車だからと車両保険を外す方もいますが、車両保険で下りたお金はどのように使ってもいいので次の車の頭金にできるケースもありますよ。

 

【任意保険】最低限抑えておきたいポイント 加入先

任意保険の内容に関しては最低限つけておくべきラインは分かったけど、どこで加入すればいいんだろう。ネット保険が安いって聞くし、そこでいいのかな。そんな疑問に簡単にお答えします。

 

ネット保険はおすすめなのか?

ネット保険はたしかに安いです。年間1万円以上節約できるケースは多いと思います。もちろんデメリットもあるので、事故が起きた時に、自分で対応できる自信があるならあり。対応する自信がないならおすすめしません。

ネット保険は費用を抑えるために担当者は1人で何十件もの案件をかかえています。そのため言い方が悪いかもしれませんが、事故が起きた後はいい人や大人しい人は後回しにされがちです。

僕が自動車営業をしていたときの経験です。お客さんが自分からどんどん保険会社に連絡して進度を確認する場合は対応が早いです。しかし、連絡待ちの姿勢だとなかなか進展しないケースが何度もありました。

ディーラー・中古車専門店などの販売店や、保険専門代理店などで加入した場合は内容に関して自分より詳しい人に相談・アドバイスを貰いやすいです。ネット保険は基本的には自分で調べて、自分で補償内容を決めるので何かあっても自己責任なのもポイントですね。

ただ、保険料が節約できるのでメリットは大きいです。お財布と要相談です。保険料を節約するのが目的なら、会社で団体割引を設けているケースがあるので確認するといいですよ。大手では保険料30%割引なんてところもあります。

 

まとめ

  • 人身傷害3,000万円、対人賠償は無制限、対人賠償は無制限が最低ライン
  • 保険料は高くなるが車両保険もつけておきたい
  • ネット保険は安い、ネット保険で加入し何かあった場合はガンガン電話する
  • 会社で団体割引を設けている場合があるので確認する

いかがでしたでしょうか。この記事があなたの参考になれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

Follow me!

【任意保険】自動車保険の加入 最低限抑えておきたいポイント” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です