【Uber Eats】仕組みと需要は?ウーバーイーツを知りたい

Uber Eats タイトル

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスは2016年に日本でも開始されました。フードデリバリーサービスとして、家にいながら気軽に注文することができますし、配達パートナーとして副業で稼ぐ働き方も浸透してきています。徐々に配達可能エリアが拡大しており、今後も増々利用者が増えることでしょう。今回はUber Eatsに興味を持ち始めた方向けに仕組み需要を簡単に解説します。

 

【Uber Eats】どんなサービスなのか

Uber Eatsの仕組み

Uber Eats はアメリカ発祥のフードデリバリーサービスです。日本に馴染みのある言い方をするならば出前ですね。簡単に図で表すと上記のようになります。

注文者はUber EatsのアプリprHPからお店と商品を選び注文します。するとお店の方に注文が入りましたと連絡が行きます。同時に、配達パートナーにも配送依頼を受けるかどうかの連絡が入ります。

配送依頼を受けた配達員はお店に向かい料理を受け取ります。料理の受け取りが終わると、配達用のアプリで注文者の住所が表示されますのでそこに向かいます。

注文者の住所に着いたら、商品の受け渡しを行い一連の流れは完了します。お支払いに関しては、現金払いもできるようですがクレジットカードやデビットカードで決済する人が多いため、注文者と配達員の間でお金のやりとりが発生するケースは少なそうです。(配達員は現金払いの配送依頼を受けない設定をすることも可能です。)

【a】Uber Eats フード注文

 

【Uber Eats】仕組みと需要

ランチ

Uber Eatsのサービスの仕組みと需要についてもう少し詳しく説明します。注文者・お店・配達員それぞれにメリットがあるので、とても便利なシステムが構築されています。

 

注文者のメリット

注文者のメリットとしては、自宅にいながら気軽に食べたいものを注文できる点です。コロナウィルスの影響もあり、外食に出かけるのも気を遣うご時世になりました。そんな中、自宅で色んな料理を食べることができるのはありがたいですね。加盟店も今後続々と増えていくと思うので、レパートリーが豊富です。

支払いもクレジットカードやデビットカードで決済してしまえば、商品を受け取る時に現金のやり取りをする手間も省けてスムーズです。夏の猛暑日や、大雨などで自分でお店まで行くのがめんどうな時や、仕事が忙しくて時間がないときに使いそうです。他にも友人と家で集まっているときに、買い出しで誰かが抜けたりせずに一緒に楽しい時間を過ごせるようになります。

お店で注文するより多少料金がかかりますが、月額定額料金で配送料を支払うサブスクリプションも開始されたので(月額980円)より利用しやすくなりました。お店まで行く手間を節約して、できた時間を有効活用できるのは大きなメリットになりえます。

 

お店のメリット

アルバイトを雇うと、あまり忙しくない時でも一定の人件費がかかってしまいます。その点、Uber Eatsの配達パートナーは注文を受けた時にだけ配達してくれるので人件費が節約できる可能性があります。また、配達する人員を用意していなかったお店でも配達の注文を受けられるようになります。

ご夫婦で経営している店舗や、就労人数が少なくて配達サービスをできなかったお店にとっては販路拡大の糸口です。「より多くの人に、料理を食べて欲しい」そんな願いを叶えられるシステムになっています。特定のお店を持たずに、配達専門のゴーストレストランと呼ばれる形態も登場しており起業もしやすくなりました。

 

配達パートナーのメリット

自分の好きな時間に、好きなだけ働いてお金を稼ぐことが出来るのが一番大きなメリットでしょう。いちいち働くために面接をしたりする必要はありません。ちょっと空いた時間や、予定のない休日にサクッと稼ぐことができます。サラリーマンの方にとっても手を出しやすい副業と言えるでしょう。

フリーターや大学生にとっては、誰にも指示や制限されることなく精神的に自由に働けるのがポイント高いですね。煩わしい人間関係に巻き込まれることもありません。シフト制で働きたくない時間に仕事する必要もありません。どれだけ稼ぐのかは自分の裁量次第です。

働いて稼いだ金額がすぐに分かるし、週払いで給与が支払われるのも嬉しいところです。サイクリングはいい運動にもなるので、ダイエットor体を鍛えながら、ついでにお金を稼ぐという考え方もできますね。コロナウィルスの影響で、仕事が少なくなった方の参入も多いと聞きます。始めやすさが好評なのでしょう。

 

【Uber Eats】地方でも伸びるのか

田舎

さて、多くのメリットがある仕組みにより需要が拡大中のUber Eatsですが、東京や大阪などの都市部はともかく地方都市ではどのくらいの需要があるのでしょうか。

具体的な数値は公表されていませんが、現時点では利用者はそれほど多くないといった印象を受けます。街中で配達員を見かける機会は少ないです。配達エリアが限られていると、どうしても利用するユーザー数の伸びが鈍くなります。

じわじわとこれから利用者が増えていくのでしょう。ある程度お金に余裕がある利用者の数が多いでしょうから、一般層をどれだけ獲得できるかがポイントになりそうです。

配達パートナーの数は多くなさそうなので、いち早く取り組めば注文数を稼ぐことができるでしょう。

 

まとめ

  • Uber Eats はフードデリバリーサービス
  • 注文者、お店、配達パートナーそれぞれにメリットがある仕組みになっているので需要がある
  • 配達サービスの普及によりゴーストレストランと呼ばれる、店舗を持たないレストランも登場してきている
  • 副業としても手を出しやすく人気がある
  • 今後益々発展していく可能性のあるジャンルである

いかがでしたでしょうか。Uber Eatsに関してはよく耳にはするけど、あまり知らない方も多かったのではないでしょうか。仕組みを知ると、需要が増えそうと言われても納得できますよね。今後も配達可能エリアが拡大していくことを期待しましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【a】Uber Eats フード注文

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です