【バーナム効果】日常生活・人間関係で使える心理学のテクニック

バーナム効果

バーナム効果をご存知ですか。商売や占いなどでよく使われている心理学のテクニックです。バーナム効果の知識があるだけで、悪い人に騙される可能性が低くなりますので、自衛手段として覚えておきたいところです。このサイトでは日常生活・人間関係に役立つ心理学を紹介しています。

 

【バーナム効果】自分だけに当てはまっていると感じる

WHY

バーナム効果とは、誰にでも当てはまる曖昧なで一般的な性格を表す記述を、自分だけに当てはまる性格だと捉えてしまう心理学の現象です。簡単に言えば、誰にでも当てはまることなのに自分だけに当てはまっていると感じてしまう現象です。

実は、私にはこのサイトを見ているあなたの性格が分かります。

  • あなたは分からないことがあると、もやもやしてすぐに調べないと気が済まない時があります
  • 意外と好奇心が旺盛で、新しい知識を得るとおもしろいと感じます
  • 周りの目を気にすることもあり、もっと自由に行動できたらいいのにと考える時があります
  • 改善したい人間関係があり、それにより悩むこともあります
  • 言いたいことを言えずに、自己嫌悪した経験があります
  • 何かワクワクできることがないか日々探し求めています

いかがですか。結構当たっていると感じませんでしたか。「こいつ、なかなかやるじゃないか。占い師みたいだな。」そう感じてくださったピュアな方、ありがとうございます。すみません、バーナム効果を利用して書いたのでほとんどの人に当てはまるようにできています。

 

バーナム効果を日常生活・人間関係で生かすには

雑談

さて、バーナム効果を日常生活・人間関係で生かすにはどうすればいいでしょうか。この効果はビジネスシーンや、恋愛面で活躍しやすいです。あなたが使ってもいいですし、都合の良い言葉に騙されないように対策として読んで頂いてもOKです。

 

ビジネスシーン

ビジネスでも、恋愛面でも相手に信用してもらうためにバーナム効果が利用されています。ビジネスで例えるならこんな感じです。

営業マン「いい天気ですね。」

顧客A「そうですね。」

営業マン「ところで、会社のセキュリティに不安があったら困りますよね。

顧客A「当然ですね。」

営業マンセキュリティ面でよく分からないところや、改善して欲しいポイントはありますよね。」

顧客A「業者に任せているから、たしかに詳しくは知らないね。改善点も思いつかないくらいだよ。」

営業マン「実は、セキュリティシステムに詳しくないのは大きなリスクを抱えているようなものなんですよ。我が社のセキュリティシステムは導入頂いた会社の90%以上から高い評価を頂いています。このあたりだと〇〇社や〇〇社が導入されています。5分で構いませんので少しだけ話を聞いてください。」

顧客A「5分だけなら、分かりました。」

 

……あなたは会社・学校のセキュリティシステムに詳しいですか。おそらくあまり知らないですよね。バーナム効果の他にも「はい」と答える質問を2~3回程繰り返すと「いいえ」と言いにくくなる心理テクニック。他の企業も導入して高い評価を得ているのだからいいモノなのだろうというハロー効果をこの営業マンは利用しています。

 

男性から女性へ

夕日に向かってジャンプ

恋愛面で活用するならば、自分のことを理解してくれていると感じて貰うのがポイントです。

男性「お疲れ様、ちょっと疲れているようにも見えるけど何かあったの?」

女性「別に何もないけど、疲れているように見えるの?」

男性「いや、ごめん。私の気のせいかもしれない。私もそうなんだけど、〇〇さんって何かあっても、まずは自分だけで何とかしようって周りを頼らずに頑張るタイプだと思っているから気になってさ。もし、本当に何かあった時は気軽に話してよ。」

女性「ええ、その時は頼りにさせて貰うわ。」

仲良くない人に急にこんなこと言われたら、「は?何言ってんのこいつ。きも。」と思うかもしれません。ですが、ある程度仲の良い人にこう言われると悪い気はしないですよね。意外と自分のこと見ててくれるんだなって。ちなみに出会って間もない女性は外見を褒められるよりも内面を褒めて貰った方が相手に好印象を抱くそうです。

 

女性から男性へ

時計

女性が男性に向けて使うならこんな感じですかね。男性は女性に褒められるとすぐに調子に乗るのでちょろいもんです。(私も含めて)

女性「この間のお仕事、かなりうまくいったみたいですね。やりましたね。」

男性「いやいや、大したことないよ。運がよかっただけさ。」

女性「〇〇さんって仕事の時は自分の意見をちゃんと主張するのに、謙虚なところもありますよね。大きな仕事の前は、人の目につかないところで努力しているタイプですし。そういう所も含めて、先方も〇〇さんのこと信用できる人だって感じてくれたんでしょうね。」

男性「そうだといいけどね。」

女性「きっとそうですよ。私が取引先の方だったら、〇〇さんみたいな明るいけど真面目そうな雰囲気の人が相手だったら信用しますもん。」

このような言い方をされると、俺のこと意外と見ててくれてるんだな。と、男性の評価があがります。「意外と〇〇」とか「〇〇なところもある」というワードは使い勝手がよいので覚えておくと会話しやすいですよ。

 

まとめ

  • バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような曖昧な性格表現を自分だけに当てはまるように感じる心理現象
  • ビジネスマンのテクニックや、占い師、詐欺師によく使われている
  • 相手の信用を得たいときに使われることが多い
  • 〇〇だけど、△△なところもある。意外と〇〇なところもある。このような表現がよく使われる

いかがでしたでしょうか。バーナム効果は何も知らずに悪用しようとしている相手に使われると、「この人だけが私のことをちゃんと分かってくれている」と思い込んで正常な判断力を失う可能性があるので注意しましょう。バーナム効果を利用して、何かのきっかけを生み出して貰えれば幸いです。

このサイトではこのように日常生活・人間関係で役立つ心理学を紹介しておりますので、よろしければ他の記事も合わせて読んで頂けるとあなたの日々がより充実したものになります。最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

【バーナム効果】日常生活・人間関係で使える心理学のテクニック” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です