【メラビアンの法則】日常生活・人間関係に役立つ心理学のテクニック

メラビアンの法則

メラビアンの法則はご存知ですか。面接対策などでよく紹介されるテクニックなので、知っている方も多いかもしれません。一般的に広まっているメラビアンの法則の解釈は、本当は少し間違っているんですけどね。このサイトでは日常生活・人間関係に役立つ心理学を紹介しています。

 

【メラビアンの法則】7%+38%+55%

書く

メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたとき矛盾した時の人の受け止め方について、人の行動が他人にどのような影響を及ぼすかを判断するアルバート・メラビアンの実験についての俗流解釈のことです。

メラビアンは好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについての実験を行いました。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときに人はどのように受け止めるのか調べた結果。

  • 話の内容などの言語情報が7%
  • 口調や話の速さなどの聴覚情報が38%
  • 見た目などの視覚情報が55%

上記の割合でした。この割合から「7-38-55のルール」とも言われています。他にも「3Vの法則」とも呼ばれています。

この内容が次第に一人歩きをし、この法則から「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論が導き出されると言う解釈が有名になっている。就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などでこの解釈がよく用いられる。~中略~

コミュニケーション全般においてこの法則が適用されると言うような解釈はメラビアン本人が提唱したものとは異なるものである。

引用:wikipedia

世の中に広まっているメラビアンの法則についての解釈が、本当は少し違っているっておもしろいですよね。メラビアン本人も自身のWebページで「日常生活においてこれらの等式はあてはまらない」と言っているのに、誤解されている方が正しい解釈みたいになっています。

多くの人が信じれば、嘘でも誤解でも真実みたいになっていくようです。漢字の読み方や熟語の意味も間違った意味が広まっていくとそれが正しいみたいになりますもんね。「役不足」と「力不足」が分かりやすい例です。

 

メラビアンの法則の本来の意味を簡単に

自己紹介

せっかくなので、簡単にメラビアンの法則の本来の意味をお伝えします。人と人が直接顔を合わせるフェイス・トゥー・フェイス・コミュニケーションには基本的に三つの要素があります。「言語・声のトーン(聴覚)・身体言語(ボディランゲージ)(視覚)」です。

効果的で意義のあるコミュニケーションをするためには、これらの三つのメッセージ要素がメッセージの意味を正しく伝えるように互いに支えあう必要があります。しかし、要素間に不一致・矛盾が発生した場合は、メッセージの受け手は異なる回路から異なる伝言を受け取り、異なる情報を与えられるため不快な思いをすることになります。

 

例をあげます。

言葉:「全部本当で、何も嘘なんてついてないよ。」

声のトーン:かすかに震えている

身体言語:目を合わせない、表情が暗い

この場合、受け手はコミュニケーションにおいて優勢な声のトーンと身体言語(38%+55%)の方を、言った通りの言葉(7%)よりも信用します。言葉と態度がちぐはぐな場合は、言っていることの内容は信じてもらえない可能性が高いってことですね。

この実験は感情や態度の伝達を扱う実験として行われました。この現象のように、メッセージの受け手が声の調子や身体言語を過度に重視するのは、メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った状況でのみ発生します。

つまり、言っている言葉に対して、口調や表情に矛盾を感じた場合にのみ発生します。

 

メラビアンの法則を日常生活・人間関係で生かす

握手

さて、メラビアンの法則を日常生活・人間関係で生かすにはどうしたらよいでしょうか。

俗流解釈のまま利用するならば、本来の意味とは違いますが身だしなみに気を使い堂々と自信を持って話せば充分でしょう。多くの人は「人は見た目が9割」という風に思い込んでいるので、せっかくなのでその誤解を利用させて貰いましょう。

本来の意味で利用するならば、嘘をつきたいときですね。自信なさげな態度や、挙動不審な動き、震える声や言葉につまる。こういった矛盾が生じなければ嘘を見抜かれにくくなります。時には嘘をつくことも、生きていく上では必要ですもんね。

 

先程の例をもう一度使うとしたら、こうなります。

言語:「全部本当で、何も嘘なんてついてないよ」

声のトーン:明るく、はきはきとしている

身体言語:体も顔も相手の方を向いており、相手の目を見て話している

どうですか、これだと矛盾を感じないため本当のことを言っているように見えますよね。悪質な嘘はダメですが、相手のことを思った優しい嘘をつくときに使ってください。嘘をつくときは普段通りに堂々と、サラッとつくのがポイントです。

 

まとめ

  • メラビアンの法則は本来とは違う意味合いで広まっている
  • 俗流解釈は、「人は見た目が9割」「話の内容より喋りかたのテクニックが重要」
  • 本来の意味では、言葉の内容と口調・態度に矛盾を感じた場合は言葉(7%)、声のトーン(38%)、身体言語(55%)の割合で判断する
  • 嘘をつかなければいけない時は、開き直って普段通りに堂々と話す

いかがでしたでしょうか。私も最近までは俗流解釈の方の意味をメラビアンの法則だと覚えていたので、本来の意味を知れたのはとても新鮮でした。どうしても嘘をつかなくてはならなくなった時に参考にしてください。悪用したらダメですよ!

このサイトでは日常生活・人間関係に役立つ心理学を紹介しておりますので、よろしければ他の記事もご覧ください。あなたの日々が今より少し充実したものに変わりますよ。最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です