【返報性の法則】日常生活・人間関係で使える心理学を紹介をします

心理学

返報性の法則はご存じでしょうか。とても簡単に使える心理学のテクニックですが、効果は抜群です。仲良くなりたい人がいる方はぜひ参考にしてみてください。あなたも知らず知らずのうちにこの法則にそって行動しています。このサイトでは日常生活・人間関係で役立つ心理学を紹介しています。

 

【返報性の法則】お返ししないと落ち着かない

プレゼント

返報性の法則(原則)とは、「人は他人から何らかの施しを受けたさいに、お返しをしなければならない」という感情を抱きます。この心理のことを言います。返報性の法則を利用して、小さな貸しで大きな見返りを得る方法は商売で広く利用されています。

身近な例で挙げると、スーパーでの試食です。試食を進められて、ついつい買ってしまった経験はありませんか。もちろん、純粋に商品を気に入った場合もあると思います。でも、「このまま何も買わないのは、何だか申し訳ない。」そう感じて商品を購入したこともありますよね。

他にも、高額の商品を勧められて断った。その後に、低額商品を勧められて購入してしまった。このケースでも実は返報性の法則が働いています。相手は高額商品を販売するのを諦めて、低額商品を販売しようとしているのだからこちらも譲歩しなければならないと感じてしまうのです。この心理を応用した交渉術は「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」と呼ばれています。

詐欺師やヤクザ、催眠商法にも利用されるので知識として知っておくだけでも対策になります。

 

【返報性の法則】を日常生活・人間関係で

雑談

さて、そんな商業法として広まっている返報性の法則を日常生活・人間関係でいかすにはどうすればよいでしょうか。心理学者のデニス・リーガンが行った面白い実験データがあります。簡単に略して説明します。

 

デニス・リーガンの実験

この実験は2人1組で行われました。(1人は仕掛け人、もう1人が被験者)

美術鑑賞という名目で集められた大学生の被験者に、仕掛け人と一緒に絵画の評価を行って貰います。途中に休憩時間を挟み、この休憩時間に2種類の行動を行います。

・Aパターン 仕掛け人が部屋から出て、コーラ2本持って部屋に戻る。そして被験者にコーラを奢ってあげる

・Bパターン 仕掛け人が部屋から出て、手ぶらで戻ってくる。被験者には何も与えない

美術鑑賞の終了後に、仕掛人が被験者に対して「抽選で新車が当たるチケットを販売しているので、何枚か購入してくれないか」と持ち掛けてその購入枚数の違いをAパターン、Bパターンで比較しました。

その結果、コーラを貰ったAパターンの被験者はBパターンの被験者と比べて約2倍の枚数のチケットを購入しました。

 

コーラ

……コーラ貰ったんだから、当たり前じゃん。そう思った方もいるでしょう。おもしろいのはここからです。

実は、この実験では仕掛け人に対して被験者がどの程度の好感を持っていたかを同時に調べてあります。より多くチケットを購入した方は仕掛け人への好感度が高い。ここまでは驚くべきことではありませんよね。

おもしろいのは、仕掛け人からコーラを貰っていた場合は、仕掛け人の好感度と要求を受け入れる割合の相関関係がまったくなくなっていたという点です。つまり、仕掛け人のことを好きか嫌いかに関係なくチケットを購入していたのです。チケットの購入枚数も同じくらいでした。好きか嫌いかに関わらず「借りを返さなければという義務感」が彼らを動かしたのです。

返報性の法則の強さが見て取れる結果ですね。

 

日常生活・人間関係での使い方

同僚

影響力の大きさが分かったので、早速返報性の法則を日常生活・人間関係でいかしていきましょう。要するに、あなたから仲良くなりたい相手のために何かをしてあげればいいのです。ポイントは小さな親切

  • 相手の仕事を少し手伝う、フォローしてあげる
  • 残業しているときに缶コーヒーを奢ってあげる
  • 笑顔で自分から挨拶する
  • 相手の好みに合わせた情報をあげる(〇〇に新店できてたよ。〇〇美味しかったよ等)
  • 小分けされているお菓子を分けてあげる
  • 何かプレゼントをあげる

自分がされたら嬉しいことを、相手のためにどんどんやってあげましょう。ただし、度が過ぎていたり自分から見返りを求めるのはNGですよ。

好意を与えると、相手から好意が帰って来る返報性の法則は最低限のコミュニケーションが取れる段階から力を発揮します。一方的に過度な好意を提示すると、相手は戸惑ってしまいますし、嫌われてしまうかもしれませんので注意が必要です。

簡単にできることですから、少しずつでもチャレンジしてみましょう!

 

まとめ

  • 人は借りを作ると、借りを返さなければならないと思う
  • 返報性の法則は商売でもよく使われている
  • 借りを返したいという義務感は好き嫌いを超えて効果を発揮する
  • 自分から小さな親切を行うことがポイント
  • 基本的には、好意を与えると好意が帰ってくる

いかがでしたでしょうか。返報性の法則を生かして日常生活・人間関係をよりよいものにしていきましょう。このサイトでは心理学のテクニックを他にも紹介しておりますので、よろしければ合わせてご覧ください。最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です