【単純接触効果&熟知性の原則】日常生活・人間関係で使える心理学

アイキャッチ

単純接触効果熟知性の原則という言葉をご存じですか。シンプルながら、非常に効果の高い心理学のテクニックの1つです。まだあまり親しくない、もっと仲良くなり相手がいる場合はすぐに使えて役に立ちますよ。進学・就職・転職などで新たな人間関係を構築しなければならない場合には活躍すること間違いなしです。

 

【単純接触効果】会うだけで、好きになっていく

子供

単純接触効果とは、何度も会うことによって好感度や印象が高くなるという効果です。1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめて知られるようになりました。そのことからザイアンスの法則とも呼ばれることもあります。

初めは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると次第によい感情が起こるようになってきます。あまり興味のなかった芸能人をCMで何度も見かけたり、そのCMで流れる歌手の曲を聴いたりしているうちに好きになっていた経験はありませんか。それらは単純接触効果によるものです。

幼馴染や同級生、よく見る風景や、テレビやラジオで流れている音楽には好意を抱きやすいですよね。単純接触効果は「見たり聞いたりするだけ」で効果を発揮する、シンプルで簡単に実践できる心理テクニックです。コンビニでよく会う店員さんに、雑談をしたこともないのに親近感を感じることとかありますよね。

友達

仲良くなりたい相手とは、何度も会える状況を作りだしましょう。遊びに行ったり、同じ時間の電車に乗ったり、同じところで働いたり、手段は色々あります。相手に認知して貰えてなければ、あなたの好感度はあがらないので注意しましょう。そして、単純接触効果はマイナスに働くこともあるので第一印象はとても大事です。

マイナスに働いた場合は、「会えば会う程嫌われる」という恐ろしいケースに入ってしまいます。もちろんそこから巻き返す方法もありますが、手間がかかるので嫌われないにこしたことはありません。あまり親しくないうちに叱られたり、文句を言われたりして徐々にその人のことが苦手になっていった経験ありませんか。そうなってしまいます。

 

【熟知性の原則】知れば知るほど、好きになる

同僚

熟知性の原則とは、相手のことを知るほど好感度や印象が高まるという原則です。単純接触効果を対人関係に限定したものが熟知性の原則にあたります。単純接触効果は音楽や、風景などの対人以外のことにも働いていますので。

簡単に言うならば、「何度も見かけると親近感を覚える(人に限らない)」のが単純接触効果で、「その人の内面を知るほど好感度があがる(人に限る)」のが熟知性の原則です。

コンビニ店員に例えると、「この人いつもこの時間に働いているな(単純接触効果)」。「お、この人○○のグッズ持ってる。〇〇のことが好きなんだ(熟知性の原則)」です。

コンビニ店員

つまり、自分の内面を知ってもらった方が相手に好意を持ってもらいやすいということです。自己紹介するときは、あなたの人となりが分かることをしっかり伝えましょう(趣味でも、好きな食べ物でも何でもいいです)。話したことの無い人仲良くなりたい場合は、軽く雑談することから始めてみましょう。

基本的には相手に与えた情報が多ければ多いほどよいです。しかし、一方的に話したり相手が全く興味を持っていないとマイナス方向に働いてしまう恐れがあるので適度に状況を見つつ行いましょう。

情報を多く与えても、相手に覚えて貰えなければ意味がありません!

 

まとめ

  • 単純接触効果は、見たり聞いたりする回数が多いほど好意を持つ心理効果(対人問わず)
  • 熟知性の原則は、相手のことを知るほど好意を持つ心理効果(対人関係限定)
  • 単純接触効果、熟知性の原則はこれから仲良くなりたいケースで使えるテクニック

いかがでしたでしょうか、楽しく読んでもらえてたら幸いです。単純接触効果と熟知性の原則を活用して、新たな人間関係を築きましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

Follow me!

【単純接触効果&熟知性の原則】日常生活・人間関係で使える心理学” に対して2件のコメントがあります。

  1. 銀毫 より:

    これは分かる。

    1. takase より:

      言われれてみると、身に覚えがあって驚きますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です