【CPI】フィリピン留学体験談~英語初心者の旅~9日目から12日目

CPIにフィリピン留学中です。夜はすごく写真映えしますね。

【CPI】フィリピン留学体験談~9日目~

月曜日です。いよいよ2週間目に突入です。少しずつこちらでの生活にも慣れてきました。1人部屋に移動したので気が楽になったのも1つの要因かもしれません。

CPIの食堂はそんなに種類が豊富でなく、特に朝食はシンプルなので少し飽きてきました。日曜日に買い物に行ったときにパンとか買っておけばよかったです。

授業にも大分慣れてきました。人間って順応するの早いですね。今日からグループ学習のクラスも変更になるので、私にあったレベルの物になっていることを期待してます。

 

…実際変更後のグループクラスを受けてみた感想ですが、教科書を変えると参加する生徒のレベルも同じくらいになるのでかなり優しくなりました。思っていた以上に優しくなった感じがします。私にはこのくらいが丁度いいかなと。グループ学習が苦痛で無くなっただけでも、メンタル面では大きく改善されました。楽しい!

がっつり集中して勉強したいという方には物足りないかもしれませんが、私のように楽しく英語に慣れたいという方は簡単な教科書に変更するのはありだと思います。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~10日目~

火曜日です。今日も朝からニワトリ達が元気に鳴いてます。フィリピンのニワトリはもう少し長く寝てもいいと思います。午前3時は早起き過ぎです。

二度寝しましたが、午前5時過ぎに再びニワトリ達の鳴き声で起こされたので、せっかくなんで動画を撮ってみました。聞こえますかね?

今週末の休みは何をしようかなーと考えていたら、スキューバダイビングの資格を一緒に取らないかと誘って頂きました。スキューバダイビングを楽しむには「Cカード」と呼ばれる資格が必要で、一番初めに取得する「OWD(オープンウォーターダイバー)」が取れるとのこと。色んな事に誘ってもらえてありがたいです。

スキューバダイビングのライセンスを取る予定はなかったのですが、日本では5万~6万円くらいかかるのにフィリピンでは10,000ペソ(約2万2,000円前後)で取れるとのこと。せっかく機会なので今後やるかは分かりませんがご一緒させて頂くことにします。

CPIのプールは底が深いエリアがあり、金曜日にそこで練習してから土日に海で潜って終了みたいです。プランによりますが2~3日で取れるのはいいですね。

ここでおもしろいなーと思ったことがありまして、取る資格は同じなのですが発行する指導団体によって値段が違うんです。「PADI」「SSI」「PDIC」という3種類から選ぶことができました。私は「PDIC」というフィリピンのマイナーな指導団体で取ることにしました。一番安かったしね。

最大手は「PADI」というところで、世界中で発行されているCカードのうちの60%が「PADI」のものだと言われています。世界最大のダイビング教育機関ですね。今後もダイビングをする機会がありそうな方はこちらの方がいいかもしれませんね。お値段は14,000ペソなので、ブランド力で4,000ペソ高くなってます。もう一つの「SSI」も大手で国内外で通用するダイビングの指導団体です。こちらは12,000ペソ「PADI」「PDIC」の間ですね。

どれも世界中で使えるのですが、今後もダイビングを続けるなら知名度のある大手でとった方が何かとスムーズにいくようです。中身は同じなのに不思議ですね。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~11日目~

風邪を引いてしまいました。意外と疲れがたまっていたみたいです。日本から風邪薬持ってきてよかったです。一緒のタイミングできた日本人の子も風邪ひいてました。気が緩んで風邪を引きやすい時期なのかもしれません。その方から聞いたのですが、韓国の薬って結構強いみたいです。効果が強いので、半分に割って飲んでいたとか。何気ないものでも国の違いが出てておもしろいですね。

 

私は午前中の授業が4限あり、3限目が終わったら1コマ空きます。そのため部屋に戻り、薬を飲んでアラームをセットして少し仮眠しました。起きたら午前中終わってました…。マンツーマン授業なのに生徒が来ないとは先生も予想していなかっただろうに。過ぎたことを悔やんでも仕方がないのでとりあえずランチを食べに行きました。うん、この味にも慣れてきた美味しい。(後でちゃんと理由を説明して謝ってきました。)

 

CPIは無断で何度も授業を欠席すると、休日に外出禁止になるペナルティがあるので気をつけてください。(実際は多少融通がきくっぽい)

 

【CPI】フィリピン留学体験談~12日目~

風邪が治らない…!韓国からの留学生に薬分けて貰うのもありだったかもしれません。

マンツーマン授業の教室を撮ってみました。こんな感じの部屋が約120室あります。マンツーマンの先生は1部屋固定で与えられていて、そこに色んな生徒が訪れるという仕組みです。マネージャーに聞いてみたところ、CPIの先生は150人程いるようです。沢山いますね、これだけ人数がいれば「合う・合わない」が出てきても当然ですね。

突然ですが、「Jollibee(ジョリビー)」って知ってますか?私はフィリピン留学について調べるまで知らなかったのですが、「マクドナルド」を抑えて「フィリピンNo.1ファーストフード」店なのがこの「Jollibee(ジョリビー)」です。あの「マクドナルド」が世界で唯一シェア1位を取れない国がフィリピンです。国民に熱狂的な人気のあるファーストフード店なんですね。

街中の至るところで見かけます。本当によく見かけます。「Mr.Jollibee(ジョリビーくん)」

が結構目立つので目にとまりやすいです。「ケンタッキー」+「マクドナルド」=「Jollibee(ジョリビー)」と勝手に解釈しています。わりと近い表現だと思います。

そろそろジャンクフードが食べたくなったので、「Grab」というアプリを使ってデリバリーを頼んでみました(隣で見てただけ)。タクシーも呼べるし、デリバリーを頼めるし、荷物も運んでもらえるなんて凄く便利ですよね。別の店で「タピオカミルクティー」も注文しました。

「チキン16ピース・ハンバーガー類を8個」注文しました。うわ、こいつむっちゃ食べるなと思ったあなたは私のことを誤解している気がします。ちゃんと時間のあった日本人誘って8人居ますからね!

その画像がこちら↓

ちょっとしたパーティーみたいですね。CPIの食堂は持ち込みがOKなので食堂に集合して頂きます。チキンはちょっと骨が多い気はしますが、美味しかったです。「グレービーソース」という肉汁でできたソースがついてくるのですが、日本人好みの味ではないかもしれません。しっかり味がついているので、何もつけなくてもそのまま食べられます。

ハンバーガーも美味しくて、日本でマクドナルドのハンバーガー食べるのと同じ感覚で頂けます。価格も安いし、このクオリティなら滞在中にまた食べてもいいかなって思えます。

タピオカミルクティーは安定の美味しさです。色んな味があるので、他の味も試してみたいところです。

 

さて、明日はダイビングの講習がありますがまだ何時からなのか分かりません。数日前に申し込みをしているのに、当日に何時から始まるか分かるって新しい。日本では味わえないであろう体験ですね。続く

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です