【CPI】フィリピン留学体験談~英語初心者の旅~1日目から6日目

フィリピン留学体験談を毎日更新するつもりが、電波が悪くてまとめて更新になりました。ブログ書いてても、急に繋がらなくなるから焦ります。もちろん凄く疲れてぐったりしていたのも1つの理由ですけどね!

 日本の台風被害、結構ひどそうですね。被災された方が1日でも早く元の日常に戻れることを祈っています。北陸新幹線の車両も水没したみたいで、私が帰国する時にも影響が出そうです。

【CPI】フィリピン留学体験談~1日目~

ブログ更新した後に、搭乗ゲートに向かっていたら吉野家見つけました。かつ丼・ラーメン・カレーと品揃えが豊富で新鮮でした。美味しそう、機会があれば食べてみたいです。

無事にフィリピンに到着。入国する際にARRIVAL CARDを記入しました。あなたはどうしてこの国に来て、どのくらい居る予定なの?ってやつですね。

空港から出ると、セブ島の語学学校の迎えの方たちがボードを持って待機していました。

分かりやすくボードを掲げてくれているので、安心ですね。私はなかなか見つけられずに10分くらいウロウロしていました。CPIの日本人マネージャーは先に到着した方と奥の方で話していたみたいです。ネットに繋がらないし、早速詰んだなって焦りました()

CPIマネージャーの方によると迎えの車には4人乗るみたいで、少し待ち時間があるとのこと。タバコ持ってくれば良かったなー(買い忘れた)と思っていたら、一緒に待っている日本人の方が分けてくれました。優しい。その方と喫煙所で雑談タイム。

私より若いのに凄くしっかりしている方で、以前は韓国に留学していて次は英語の勉強をしようとフィリピンに来たそうです。こういう人に出会えるのが留学の醍醐味の1ですね。もっと色々やってみようと思えます。

 

まだ待ち時間があったので、現地のSIMカードも購入しました。何言ってんのかさっぱり分からない!と、思っていたらCPIマネージャーの方が手伝ってくれました。設定は学校に着いてから一緒にやってくれるそうです。このあたりは日本人マネージャーがいてよかったと感じますね。

残りの2人も無事に到着・合流できたので送迎車へ。トヨタのハイエースかな。フィリピンは結構な頻度で渋滞しているらしく、空港から学校へは40分~50分程かかりました。

学校はゲートが閉まっていて、警備員もいるのでセキュリティの面では安心できました。

一緒に到着した4人と簡単な説明を受け、詳しい説明は明日のオリエンテーションでするとのこと。この時にCPI New Student Guidebook」と「wifiのパスワード」を貰いました。

学校に着いたのが20時過ぎだったので、食堂はもう閉まっていました。到着が遅い場合は空港で何か食べ物買った方がいいですね。私は何も持ってきて無かったので夕飯抜きで我慢しました。

部屋の鍵を渡され、CPIマネージャーが各自の部屋に案内してくれました。私は4人部屋だったので、いきなり外国人留学生の方と過ごします。部屋の扉を開けると、中に1人勉強中の方が…緊張する!

英語で質問され、「新入生であること」「自分の名前」「自分の出身」「何週間居る予定なのか」を何とか伝えられました。彼は台湾の方で、この後もう一人台湾人が来ること。もう一人の同部屋の韓国人は旅行に行ってしばらくいないと教えてくれました(多分)。慣れてないので、このやり取りだけでどっと疲れてしまいました。

4人部屋はこんな感じです。

フィリピンのトイレは、紙を流せないのでごみ箱に捨てます。慣れないですね。

部屋に荷物を置いて、CPI日本人マネージャーのところに行き現地SIMカードの設定を手伝って貰いました。GloveSMARTが日本人にはお勧めらしいです。

私は空港で売っていたGloveにしました。初日に購入・設定までしたのですが、翌日のオリエンテーションで現地SIMを購入する時間があったので急いで買わなくてもよかったのかもしれません。1800MBまで使い放題のプラン(999P必要)にして、現地SIMカード(500P入っている)+プリペイドカード500P分を購入。

これで1000ペソでした。使い放題にしなければ、もっと安く抑えられます。電波があまりよくなくて、結局学校のwi-fiを使いそうなので動画とかインスタを見なければ使い放題にしなくても充分かもしれません。残念ながら部屋まではwi-fiが届かないので、みんな中庭でスマートフォン触ってました。

部屋に戻ってシャワーを浴びて就寝です。長い一日でした。期待と不安で胸が一杯です。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~2日目~

なかなか寝付けずに、夜中に何度か目が覚めながら7時頃に起床。ニワトリの鳴き声が午前3時過ぎから聞こえるので、気になる方は耳栓があった方がいいかもしれません。

食堂が720分から開いているので、朝ご飯を食べに行ってきました。CPIはバイキング形式です。私の朝ご飯はこんな感じです。他にもシリアルと食パンがありました。味は…普通に問題なく食べられます。それなりに美味しいです。

9時に集合してオリエンテーション開始です。新入生は24人、その中で日本人は7人でした。日本人が全然いない週もあるみたいなので、多いほうかもしれません。

簡単な説明を受けた後に、クラス分けのLevel Testが始まります。「リスニング45分」「リーディング75分」「ライティング30分」テスト後に「スピーキング3分」もありました。形式はTOEICみたいな感じでした。ライティングはテーマがあり、それに対して回答します。私は分からな過ぎて、「なんでここに居るんだろう」と思いながら英語をまじめに勉強してこなかった自分を恨んでいました。すでにこの時点で一度心が折れました()

テストが終わり、ランチタイムです。悲惨なテストのことは忘れてご飯を楽しみます。朝食はおかずの種類が少なかったのですがランチは種類が増えました。ランチは結構美味しく食べられました。

13時からはCPI New Student Guidebookの詳しい説明です。学校の規則や、別途かかる費用、授業の内容や時間割、コース変更の方法、洗濯や清掃の日程など多岐に渡ります。この時に初めて、入学して4週間は21時~2230分までの自習クラスに強制参加だと知りました。出欠も取られるみたいです。

現地で支払う金額ですが、私の場合はSSP(特別入学許可証)6,800ペソ+デポジット3,000ペソ+基本料金(水道・電気・教材費)3,000ペソ+ピックアップ費用(空港までの迎え)800ペソ+教科書費用(人によって違う)1,600ペソ=15,200ペソでした。

大体3万円くらいですね。1か月以上滞在する方はビザ費用2か月の場合4,140ペソ)。2か月以上滞在する方はさらにACRI-CARD費用(外国人の人数を把握するカードらしい、3,300ペソ)かかります。結構大きな出費になってきますね。

説明が終わり、休憩後に学校のバスで近くの大型ショッピングセンターに向かいます。行きは送るけど、帰りは自力でタクシー拾って帰ってきてねと言われました。放任主義。

休憩時間に少し学校内を散策しました。ジムと喫煙所を確認。ジムが開放的過ぎてびっくりしました。扉が無いんですよ、そのまま置いてある感じでした。

ショッピングモールへ向かいます。AYARA MALLという日本でいう「イオン」みたいなところです。学校からだと15分~20分くらいで着きました。

ここで「外貨への両替」「現地SIMカードの購入」「証明写真の撮影」を行います。終わったら自由時間で、「日用品の買い出し」「ディナー」を食べて帰ってきてねとのこと。

私は外貨への両替も、現地SIMカードの購入も終わっていたのでかなり暇でした。みんな終わるまで他の所に行ったらダメでしたので。CPIマネージャーが引率で何人もいたので、日本人のみんなと別々に分けて回った方が効率いいよねーと話していました。

ここで1つ注意点なのですが、「証明写真は日本で撮って持参した方がいい」です。待ち時間もやたら長いですし、写真も1時間後にならないと取りにいけません。持参するだけで自由時間がかなり増やせます。

せっかくなんで夕飯は外食にしました。一緒に入学した日本人の男性陣とレストランへ。メニューが読めないので何を食べたのかよく分かってませんが美味しかったです。せっかくなのでビールも頂きました。

インスタ映えスポット発見!

ショッピングモールなので、タクシーを拾うのは困らない感じでした。学校に戻り、時間割教科書を受け取るためにもう一度集まります。

1コマごとに教科書が違うようで、7冊の教科書を渡されました。分厚い。教科書は実際に授業を受けてみて、難しいor簡単であれば交換できるので始めの1週間は直接書き込まないでと言われました。

ようやくオリエンテーション終了です。歩き疲れてへとへとなので、シャワーを浴びてすぐに寝ました。シャワールームは物をおけるところがほとんどない(床はびしょびしょ)ので、吸盤とかで壁につけれる小物入れや、バケツみたいなやつがあった方が便利です。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~3日目~

いよいよ本格的に授業開始です。先生によって合う、合わないが結構あるみたいなので「この先生嫌だなー」と感じたら遠慮なく変更した方がいいと思います。私はマンツーマン授業は問題なく受けられました。

優しいレベルの内容だと思いますが、単語が分からないので中断してもらってばっかりでした。単語は勉強してきた方がよかったなと感じました。

グループ授業は私のレベルではついていけず、何言ってるのかよく分からないまま終わりました。あなたはどう思う?って聞かれるんですが、何も言葉が出てこないんですよね。苦痛でした()

ディナーはこんな感じです。昼と夜は豪華になる感じですね!

一日中勉強するのって懐かしいなーと思いながら、私の場合は45分×7コマの授業を受けました。マンツーマン4コマ、グループ3コマです。入学してから4週間は、21時~の自習クラスに強制参加らしいので合わせるとなかなかの時間に。

 脳がオーバーヒートしそうです。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~4日目~

マンツーマン授業はしどろもどろになりながらも、結構楽しく受けてます。分からないところは遠慮なく中断して教えて貰えるのが大きいです。グループ学習は相変わらず周りとの差がひどいので楽しくないです。

I don’t know(分かりません)と言いながら苦笑いする時間です。さすがにつらいので、携帯のGoogle翻訳の変換機能を使ってそれっぽいことを答えました。

その答えに対して質問されるのですが、分からないのでYESと答えておきました。ん?って顔されますが、察して貰えました。助かります。

 

洗濯物を預けられる曜日は部屋ごとに決まっています。最低週に2回、多いところは3回です。私は4日目が始めて洗濯物を預けられる日でした。

仕上がる日に関しては早く洗濯してくれるチケットを購入(50ペソ)すると翌日、通常は2~3日かかるとのこと。意外とかかります。衣類は余裕を持って準備した方がいいです。

乾燥して、たたんでから返却してくれるので時間がかかるのは仕方ないかもしれません。預ける際は、「名前・衣類の種類・メーカー・色」を1つ1つ専用の紙に書いて提出しなければならず結構めんどくさいです。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~5日目~

学校の色んなところにウォーターサーバーがあります。凄く便利でよく使います。コップタンブラーがあると活躍します。

5日目の木曜日は、空き時間に新入生は個人面談があります。クラス分けテストの結果と、授業内容を変更したりするかの相談です。私はグループ学習がついていけないと伝えました。

一番簡単な教科書を使っていると思ったのですが、もっと簡単な教科書を使うグループがあるみたいなので変更して貰いました。始めのグループ分けは、結構ざっくりとした分け方みたいです。まずはこれで様子を見て判断しましょうという感じでした。

来週の月曜日から変更されるみたいなので、今より良くなることを期待します。新入生の日本人は、何かしら変更したみたいなので遠慮して何も言わないのはNGだと思います。せっかくの機会ですから、自分の意見はしっかり伝えましょう。

…ちなみに、私のテスト結果ですが。リスニング100点満点中49(適当にマークしただけ。)、リーディング100点満点中27(ちゃんとやろうと思って悩んでいたら、半分近くマークする時間なかった。)、ライティング20点満点中24行くらいしか書いてない。)、スピーキング6点満点中0.5(名前と出身と、趣味しか答えてない。)でした!

これはひどい。CPI入学者史上過去最低なのではないかと疑うレベル。今からフィリピン留学に行こうかな、でも英語全然分からないし…って思ってるそこのあなた。こんなひどい点数でも来てる人がいるので安心してください。

 

【CPI】フィリピン留学体験談~6日目~

金曜日です。金曜日は夕方から外出可能になります。CPIは平日外出禁止なので、久しぶりに外出できる日です。そのため、いつもは45分授業ですが40分に短縮されます。5分短いだけでも早く感じますね。特にグループ学習が、助かる。やっと平日の授業が終わりましたー!乗り切ったー!

フィリピンならではのことがしたかったので、「フィリピン料理店」「マッサージ」に行ってきました。

フィリピン料理の「シシグ」(炭火で焼いた豚の頬肉や耳を細かく刻みいためたもの)とガーリックライス、デザートのアイスクリームどれも美味しかったです。シシグ焦げてましたけどね!フィリピンクオリティ!

マッサージは一番安い90450ペソ、オイルありで受けてきました。今までマッサージ受けたこと無かったんですが、凄く効きますね。体がスムーズに動くように感じます。特に肩回りが軽くなった気がします。これはいいですね。安いし毎週行きたいです。

門限が23時なので、21時過ぎに早めの帰宅。学校からすぐのところにCPIの学生ばっかりの通称「CPIバー」があるらしいのですが、マッサージで満足したのでまた今度にしておきました。

土曜日は観光ツアーに誘って貰ったので、観光地の「オスロブ」「モアルボアール」に行ってきます。サメ・カメを至近距離で見れるらしいです。楽しみ。人数が集まったら安くなるらしく、3,400ペソで行けるみたいです。

学校にバスで迎えに来てくれるようです。親切ですね、助かります。「ただし、朝の4時出発な!

BLEACH公式サイト

何…だと…!?

果たして起きれるのか、続く。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です